ビラクルは痩せ菌を増やす?

私がダイエットで成功した「痩せ菌 増やす 運動」とは?

birakuru_kutikomi


現在、153cm 40kgです。


私がダイエットに成功したキーワードは「痩せ菌 増やす 運動」です。


ただ、「痩せ菌 増やす 運動」といっても痩せ菌を増やす運動があったというよりは、私の場合は、「痩せ菌 増やす」ことと、「運動」の2つを意識したことがダイエットに成功したポイントだったと感じています。


「痩せ菌 増やす」


birakuru_kutikomi


まず、「痩せ菌 増やす」ために実行したのが自炊です。


自炊をしながら、意識したのは、@食物繊維の多い食べ物をたべること A発酵食品をたべること


具体的には、「@食物繊維の多い食べ物を食べる」にあたっては、キャベツ、ゴボウ、オクラなどといった野菜。そして、大豆などの豆類を中心に食べるようにしました。のりなどの海藻類や、しめじやエリンギといったキノコ類もなかなかおすすめです。


birakuru_kutikomi


そして、「A発酵食品をたべる」にあたっては、ヨーグルトを中心に食べました。もちろん、みそ汁などもおすすめです。


「運動」


birakuru_kutikomi


以上のように「痩せ菌を増やす」ために食生活をかえましたが、それにプラスしたのが「運動」です。


ただ私の場合「運動」で意識したのはいかに生活に「運動」を組み込むかということ。


まず手始めに、お風呂に入る前に3種類3分間、筋トレを行いました。


・壁腕立て

・腹筋

・背筋



をそれぞれ1分ずつです。たった、3分間と思うと意外にやれます。しかも、お風呂に入る前にやることで、お風呂に入るのがとても気持ちよくなるので、気づくと運動して少し汗をかくことにはまっていた感じです。


birakuru_kutikomi


これはかなりおすすめです。このような運動は胃腸の動きを刺激し胃腸の動きを活発にしてくれます。


私は気持ちよさから夜のお風呂のまえにやりましたが、人によっては朝起きた後にやることで体内時計をリセットし胃腸の活発化にも貢献できるようです。

さらに役立った「痩せ菌 増やす 運動」とは?

さて、このように痩せ菌を増やすために食物繊維を意識したり発酵食品を意識しながら、最終的には運動をしました。


これにさらにわたしはダイエットのためにプラスしたことがあります。





それが、


・『 水を飲む 』
・『 習慣化 』



以上の2つです。一つずつ説明します。


『水を飲む』


さらに「痩せ菌 増やす 運動」というフレーズを意識するうえでやったのが、『意識的にお水を飲むようにしたということ。』


仕事柄、撮影の関係で痩せると言うよりは『きれいなからだ作り』のために始めました。


そのこともあり、『水を飲むようにした』のですが、食物繊維の多い食べ物をたべたり、発酵食品を食べることにプラスして役立ったと感じています。


血流がサラサラになって代謝も上がりデトックス効果もあったのかな?って思っています。


やってみた『習慣化』


筋トレの内容は腹斜筋を鍛えるものと、脚パカ、ストレッチといった基本的な運動をしていました。だけど多分、多くの人に参考になると思うのが毎日のちょっとした『習慣化』です。


こうして食べ物や運動を意識してダイエットしてきたわけですが、実は一番重要なのは、いま触れたように『習慣』だとおもっています。


『習慣』にするとほとんどのことがチョットした運動を無意識でやれるので、いつのまにかダイエットにつながる点がとてもおすすめです。


ちなみに私の守っていた習慣は、


・朝起きて肩甲骨を回す
・カップ麺やコンビニ食はたべない。
・お菓子は食べない
・掃除はからだを大きく動かしながら
・トイレにいくときは手を大きくふる
・テレビを見るときはまず腹筋
・見終わったら背筋



などなど、ちょっとした習慣をたくさん作りました。
どれも地味な内容ですが、これらを守るだけでもけっこう変化はあるものです。



ダイエットしてよかったこと・・・

ダイエットをする前、私は、顔とお尻まわりに脂肪が付きやすい体質で、スキニーなどを履くことにとても抵抗がありました。





でもダイエットをしたおかげで、ラインが出る服も着れるようになりました。


また、ダイエットを通じて先ほど記載したようなカップ麺をやめたり、コンビニ弁当をやめたりしたことがよかったのか、肌荒れも治りました。


こうした変化のおかげで、周りの反応が変わってとても嬉しかったことを昨日のことのように思い出します。


少しずつ変化が見られるようになって周りにダイエットの方法を話しつつ、色々一緒に試すと言った面で楽しく今でも続けられているので、以前より健康的になりました。





コンビニも立ち寄らなくなりましたし、節約にもなるので少しずつ貯金額も増えています。


ためたお金で友達と温泉や岩盤浴、そして旅行も抵抗なく行けるので一石二鳥どころか三鳥くらいです!

キレイになってみて・・・

ダイエットのおかげで見た目もお肌もきれいになって思うことは、もっと早く始めていればってこと。


ラインが綺麗になると鏡の前に立つのも楽しみになりますし、性格も前向きになりましたしほんといいことづくめです。


こんなわたしがダイエットを続けられたコツを最後に書いておきます。





もともと私は、高校時代40kgを切っていました。食事は人並み以上でしたが、運動部ということもあり、ダイエットをしていたわけではなく練習やストレスで体重は35〜36kgでした。


なのでダイエットをするということには、なんとなく抵抗があったので、ダイエットとは思わず「綺麗なボディラインをつくる」と言う意識で毎日のダイエット習慣をおこない、「つらい」と思ったら無理はせず、ダルさなどは翌日に持ち込まないようにストレッチをしてリラックスした状態を保っていました。


また、始める前に必ず誰かに公言してから始めたのもよかったです。特に職場の人たちにいったことは、「引き下がれない!」って気持ちにもなり、やる気もかなりかわりました。





あとは「チートデイ」を作ってストレスも溜めないようにしました。(「チート(ズルをする)デイ」とは、ダイエットお休みの日です。。。)



「チートデイ」の日は、好きなものを食べて


・下がった代謝を復活させ
・不足した栄養を補給し、
・精神面もプラスにする



といったことができました。今思えば「チートデイ」を作ったことは長続きした一番の効果的な習慣だったとおもいます。


なお、ダイエットと思わず、たとえば、明日仕事の帰りにでも、一駅手前でおりてちょっと歩いてみてください。タクシーや公共交通機関も使わずに歩くことによって発見できることもあります。


こうした楽しみをもってダイエットに取り組んでいるとほんと成功します♪♪♪


こんな形でダイエットに成功したわけですが、じつはプラスでやっていたものがあります。一応それも紹介しておきます。

>>それがビラクル(BIRACLE)。

 

サイトマップ